Ubuntu 18.04 LTSにUnityをインストールする方法

これは、UnityデスクトップをUbuntu 18.04 LTSにインストールする方法についてのガイドです。Unityを実行するために必要なすべてのパッケージをインストールするメタパッケージを使用して、Ubuntu 16.04と同様に、Lightdmログイン画面、グローバルメニュー、デフォルトインジケーターなど。
また、Ubuntu 18.04 LTSコンピューターでGnome(シェル)を使用する場合は、Unityを完全に削除する方法についても説明します。

Unity DesktopをUbuntu 18.04 LTSにインストールする方法

完全なUnityエクスペリエンスを得るには、インストールする必要があります ubuntu-unity-desktop メタパッケージには、LightDM、Unityシステム設定、Compiz、デフォルトインジケーターなど、Unityデスクトップを実行するために必要なすべてが含まれています。
Ubuntu 18.04 LTSのUnityを示すスクリーンショット:Ubuntu 18.04 UnityデスクトップUbuntu 18.04 UnityデスクトップUbuntu 18.04 UnityデスクトップUnityとUbuntu 18.04の完全なエクスペリエンスに必要なすべてをインストールするには、次のコマンドを使用します。

sudo apt install ubuntu-unity-desktop

どちらかを選択するように求められたら gdm3 そして lightdm、 選択する lightdmUbuntu 18.04 lightdm gdm3を構成する

インストールが完了したら、システムを再起動して確認します Unity (Default) ログイン画面で選択されています:Ubuntu 18.04 LTSにUnityをインストールする方法

ubuntu 18.04でUnityをしばらく使用した後、Unityデスクトップに適切にテーマ化されていないアプリケーションがあることに気づくでしょう。これは、 gtk3-nocsd は、Unityセッションでデフォルトでインストールされます。または、テーマが変更された可能性があります。
たとえば、Unityを搭載したUbuntu 18.04のデフォルトのAmbianceテーマを使用したGeditの例を次に示します。Gedit Unity Ubuntu 18.04

うまく統合できる別のテーマをインストールすることをお勧めします。
リポジトリには、Numix Gtk Themeがあります。 Numix Gtkテーマを使用したUnityデスクトップでのUbuntu 18.04のGeditは次のとおりです。Gedit Unity Ubuntu 18.04 Numix

Numix Gtkテーマは次の方法でインストールできます。

sudo apt install numix-gtk-theme

テーマを変更するには、Unity Tweak Toolを使用します。インストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo apt install unity-tweak-tool

それだけです!もう一つ。 UnityをUbuntuでVirtualBoxで使用する場合、Unityが自動的にLowGFXモードを設定しないと、ウィンドウのタイトルバーが欠落し、上部パネルのインジケーターにアクセスできなくなる可能性があります。このような場合は、Unityを有効にしてください lowgfx ターミナルを起動し、次のコマンドを使用するオプション:

gsettings set com.canonical.Unity lowgfx true

Ubuntu 18.04 LTSからUnityを完全に削除する方法

削除を簡単にするために、私はによってインストールされたパッケージのリストを保存しました ubuntu-unity-desktop メタパッケージ。これは、追加のパッケージがインストールされていない、新しいUbuntu 18.04システムにインストールされているインストール済みパッケージのリストです。これらのパッケージの一部を手動でインストールしたか、インストールしたパッケージの依存関係である可能性があるため、このコマンドを使用するときは注意してください。自分でインストールしたパッケージを削除する可能性があります。
単に削除する代わりにこれを使用しました ubuntu-unity-desktop そして次に apt autoremoveその方法で削除されるパッケージはほんの数個なので、残りのアイテムの大きなリストができてしまいます。 Gnomeセッションにログインします。
ログアウトし、ログイン画面からUbuntuを選択します。
これにより、UnityではなくGnomeセッションにログインします。 Unity.2の削除に進むことができます。デフォルトとしてgdm3を設定します
Unityのインストール後、lightdmがデフォルトとして設定されたので、gdm3に切り替えてみましょう。

sudo dpkg-reconfigure gdm3

プロンプトが表示されたら「gdm3」を選択します。Ubuntu 18.04 gdm3を再構成する3. ubuntu-unity-desktopメタパッケージでインストールされたすべてのパッケージを削除します。

sudo apt purge ubuntu-unity-desktop unity-tweak-tool a11y-profile-manager-indicator activity-log-manager appmenu-qt bamfdaemon compiz compiz-core compiz-gnome compiz-plugins-default doc-base fonts-nanum fonts-symbola fonts-takao-pgothic geoclue geoclue-ubuntu-geoip gir1.2-accounts-1.0 gir1.2-appindicator3-0.1 gir1.2-gdata-0.0 gir1.2-signon-1.0 gnome-calculator gnome-logs gnome-orca gnome-screensaver gnome-system-log gnome-system-monitor gtk3-nocsd gucharmap hud indicator-applet indicator-application indicator-appmenu indicator-bluetooth indicator-common indicator-datetime indicator-keyboard indicator-messages indicator-power indicator-printers indicator-session indicator-sound jayatana liba11y-profile-manager-0.1-0 liba11y-profile-manager-data libaccounts-glib0 libatkmm-1.6-1v5 libbamf3-2 libcairomm-1.0-1v5 libcolumbus1-common libcolumbus1v5 libcompizconfig0 libdbusmenu-qt2 libdbusmenu-qt5-2 libdecoration0 libdouble-conversion1 libfcitx-config4 libfcitx-gclient1 libfcitx-utils0 libframe6 libgeis1 libgeoclue0 libgeonames-common libgeonames0 libglewmx1.13 libglibmm-2.4-1v5 libgrail6 libgsettings-qt1 libgtk3-nocsd0 libgtkmm-3.0-1v5 libgucharmap-2-90-7 libido3-0.1-0 liblightdm-gobject-1-0 libmetacity1 libmng2 libmysqlclient20 libnm-glib4 libnm-gtk0 libnm-util2 libnux-4.0-0 libnux-4.0-common libpanel-applet3 libpangomm-1.4-1v5 libqt4-dbus libqt4-declarative libqt4-network libqt4-script libqt4-sql libqt4-sql-mysql libqt4-sql-sqlite libqt4-xml libqt4-xmlpatterns libqt5core5a libqt5dbus5 libqt5gui5 libqt5network5 libqt5sql5 libqt5sql5-sqlite libqt5svg5 libqt5widgets5 libqtcore4 libqtdbus4 libqtgui4 libsigc++-2.0-0v5 libsignon-glib1 libtelepathy-glib0 libtimezonemap-data libtimezonemap1 libunity-control-center1 libunity-core-6.0-9 libunity-gtk2-parser0 libunity-gtk3-parser0 libunity-misc4 libunity-settings-daemon1 liburl-dispatcher1 libutempter0 libuuid-perl libxcb-xinerama0 libyaml-tiny-perl libzeitgeist-1.0-1 lightdm metacity-common mysql-common notify-osd notify-osd-icons nux-tools onboard onboard-common onboard-data overlay-scrollbar overlay-scrollbar-gtk2 policykit-1-gnome python3-blinker python3-bs4 python3-feedparser python3-html5lib python3-jwt python3-lxml python3-oauthlib python3-webencodings qdbus qt-at-spi qt5-gtk-platformtheme qtchooser qtcore4-l10n qttranslations5-l10n rhythmbox-plugin-zeitgeist session-shortcuts sgml-base sni-qt ttf-ancient-fonts-symbola ttf-ubuntu-font-family ubuntu-touch-sounds unity unity-accessibility-profiles unity-asset-pool unity-control-center unity-greeter unity-gtk-module-common unity-gtk2-module unity-gtk3-module unity-lens-applications unity-lens-files unity-lens-music unity-lens-photos unity-lens-video unity-schemas unity-scope-calculator unity-scope-chromiumbookmarks unity-scope-colourlovers unity-scope-devhelp unity-scope-firefoxbookmarks unity-scope-home unity-scope-manpages unity-scope-openclipart unity-scope-texdoc unity-scope-tomboy unity-scope-video-remote unity-scope-virtualbox unity-scope-yelp unity-scope-zotero unity-scopes-master-default unity-scopes-runner unity-services unity-session unity-settings-daemon xterm zeitgeist-datahub

すべてのパッケージが正常に削除された後、問題が発生しないようにシステムを再起動します。

Sidebar