APT PPAリポジトリからUbuntu、Debian、またはLinux MintにOracle Java 14(JDK 14)をインストールする方法

オラクル はJava 14をリリースしました。これをUbuntu、Debian、およびこれらに基づくPop!_OS、Linux Mint、Zorin OSなどのLinuxディストリビューションにインストールする場合は、Linux Uprising Java PPAを使用できます。 Oracle JDK 14は、2020年9月にJDK 15が続く前に、少なくとも2つの四半期ごとの更新を受け取ります。
Oracle Java 14には、スイッチ式のJava言語サポート、JDKフライトレコーダーデータを継続的に監視するための新しいAPI、低遅延ZガーベッジコレクターのmacOSおよびWindowsへの拡張可用性など、開発者の生産性を向上させる新機能が含まれています。 3つのプレビュー機能も含まれています。インスタンスマッチング(JEP 305)、レコード(JEP 359)、テキストブロック(JEP 368)です。
Oracle Java 14の詳細については、 リリース発表 そして リリースノートこれをインストールすることはお勧めしません。必要な人が利用できるようにするだけです。 Oracle Javaは、Java 11以降の商用ライセンスを使用します。これにより、開発とテストにのみ無料でダウンロードして使用できますが、本番環境で使用するには料金を支払う必要があります。 Oracle Javaの代わりに、オープンソースのJDKビルドを使用できます。 AdoptOpenJDK またはZulu OpenJDK。
このOracle Java 14インストーラーはWeb Upd8 Javaパッケージに基づいており(クレジットは元の作成者に提供されます)、わずかな変更が加えられており、Oracle Javaバイナリーは含まれていません。代わりに、Oracle Java 14を自動的にダウンロードしてインストールし、オプションでデフォルトのJavaとして設定します(update-alternativesを実行し、 JAVA_HOME 環境変数など)。 64ビットのビルドのみが利用可能です。
こちらもご覧ください:

  • APT PPAリポジトリからUbuntu、Linux MintまたはDebianにOracle Java 13をインストールする
  • UbuntuまたはLinux Mint用の新しいOracle Java 11(LTS)インストーラー(ローカルOracle Java .tar.gzを使用)

APT PPAリポジトリを使用して、Oracle Java 14(JDK 14)をUbuntu、Debian、Linux Mint、Pop!_OS、Zorin OSなどにインストールします。

同じLinux Uprising Oracle Java PPAからのOracle Java 11インストーラーとは異なり、PPAパッケージを使用する前に、ユーザーが手動でOracle Java .tar.gzをダウンロードしてシステム上のフォルダーに配置する必要がありますが、Oracle Java 14インストーラーは自動的にダウンロードします。 Oracle Java 14なので、手動でダウンロードする必要はありません。ただし、自動ダウンロードが失敗した場合(一部のネットワーク設定、プロキシまたはファイアウォールの制限などが原因である可能性があります)、手動でダウンロードする必要がある場合もあります。そのための手順は以下にあります。Ubuntu、 Linux Mint、Pop!_OS、およびUbuntuベースのその他のLinuxディストリビューション:ターミナルを開き、以下のコマンドを使用してLinux Uprising Oracle Java PPAを追加し、64ビット用のOracle Java 14(Oracle JDK 14)をインストールします。

sudo add-apt-repository ppa:linuxuprising/java
sudo apt update
sudo apt install oracle-java14-installer

Debian(Ubuntuではなく、add-apt-repositoryがデフォルトで使用可能ではない)ユーザーに基づくDebianおよびその他のLinuxディストリビューション:ターミナルを開き、次のコマンドを実行してLinux Uprising Oracle Java PPAリポジトリを追加し、Oracle JDK 14をインストールします。

su -

echo "deb http://ppa.launchpad.net/linuxuprising/java/ubuntu focal main" | tee /etc/apt/sources.list.d/linuxuprising-java.list

apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 73C3DB2A

apt-get update

apt-get install oracle-java14-installer

exit

これにより、Oracle JDK 14がインストールされます。推奨パッケージ(Ubuntuなど、Linux Mintではない)を自動的にインストールするLinuxディストリビューションでは、 oracle-java14-set-default もインストールされています。このパッケージは、Oracle JDK 14をシステムのデフォルトのJavaバージョンとして設定します(update-alternativesを実行し、 JAVA_HOME 環境変数など)。
このパッケージのインストールをスキップする場合は、Oracle Java 14を --no-install-recommends、 このような:

sudo apt install --no-install-recommends oracle-java14-installer

または、(Linux Mintなどで)自動的にインストールされない場合にこのパッケージをインストールする場合は、次のコマンドを使用します。

sudo apt install oracle-java14-set-default

新しいを適用するには JAVA_HOME 環境変数を使用するには、ログアウトして再度ログインする必要があります。
Oracle Java 14をDebian / Ubuntu(およびLinux Mint、Pop!_OS、Elementary OS、Zorin OSなど)のデフォルトのJavaバージョンにしたくない場合は、oracle-java14-set-defaultパッケージを削除します。

sudo apt remove oracle-java14-set-default

Oracle JDK 14をインストールしたら、次のコマンドを使用して、システムのデフォルトのJavaバージョンを確認できます。 java -version および/または javac -version。 Oracle JDK 14(14.0)をインストールしたシステムの例:

$ java -version
java version "14" 2020-03-17
Java(TM) SE Runtime Environment (build 14+36-1461)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 14+36-1461, mixed mode, sharing)

$ javac -version
javac 14

インストーラーがダウンロードに失敗した場合に備えて、Oracle Java 14を手動でダウンロードする

このOracle Java 14インストーラーがOracle JDK 14のダウンロードに失敗した場合。このインストーラーによる自動ダウンロードを妨げるファイアウォール、ルーター、またはプロキシの背後にいる場合は、Oracle JDK 14 .tar.gzをダウンロードできます。 オラクルから、それをインストールするのと同じコンピューター上、または他のコンピューターから。インストーラーのバージョンと同じOracle Java 14バージョンをダウンロードする必要があります。
ダウンロードしたOracle JDK 14 .tar.gzを /var/cache/oracle-jdk14-installer (このフォルダが存在しない場合は、ルートとして作成します)、次にインストールします oracle-java14-installer 上記で説明したLinux Uprising PPAのパッケージ。 Oracle Java 14 .tar.gzアーカイブ自体をダウンロードする代わりに、インストーラーは手動でダウンロードしたローカルバージョンを使用します。

Oracle Java 14ライセンスを手動で受け入れる方法

このOracle Java 14インストーラーを一部の自動化スクリプトで使用する場合は、コマンドを使用してOracle JDK 14ライセンスを手動で受け入れることができます。

echo oracle-java14-installer shared/accepted-oracle-license-v1-2 select true | sudo /usr/bin/debconf-set-selections

それが機能しない場合は、次のコマンドも試してください。

echo oracle-java14-installer shared/accepted-oracle-licence-v1-2 boolean true | sudo /usr/bin/debconf-set-selections
Sidebar