Debian / Ubuntu、Fedora、Arch Linux / Manjaroなどを使用してコンソール(テキスト)モードで起動する方法

この記事では、DebianUbuntu、Fedora、Arch Linux / ManjaroなどのLinuxディストリビューションをコンソールモードで一時的または永続的に起動する方法について説明します。この記事の手順は、 systemd (以下の永続モードの場合)および GNU GRUB (一時モードの場合)、私は個人的にこれをDebian、Ubuntu、Manjaro、Fedoraでのみ試しました。

コンソールモード(テキストモード/ tty)で起動すると、グラフィカルユーザーインターフェイスを使用せずに、コマンドラインから(通常のユーザーとして、または有効になっている場合はrootユーザーとして)システムにログインできます。これは、グラフィカルモードを使用しているときにシステムの起動に失敗した場合、またはLinuxを実行しているコンピューターで、GUIを定期的に使用せずにsshを実行している場合に便利です。そのため、いくつかのシステムリソースを保存します。テキストモードで起動します。しかし、理由に関係なく、この記事ではLinuxでコンソール/テキスト/ ttyを起動する方法を示します。

ケースA.コンソールモード(テキストモード)への一時的な起動

これらの手順を使用すると、コンピュータは現在の起動でのみコンソールから起動します。コンピュータを再起動すると、コンピュータは正常に起動するため、これらの変更は一時的なものです。一時的にコンソールモード(tty)で起動するには、コンピューターを起動し、BIOS / UEFIスプラッシュ画面の直後に、 Shift (BIOS)、または Esc (UEFI)キーを繰り返し押して、GRUBメニューにアクセスします。 2. GNU GRUB画面が表示されたら、メニューの最初のエントリを選択して、 e キー。これにより、起動前にカーネルパラメータを編集できます。
で始まる行を探します linux (使用 Up / Down / Left / Right ナビゲートする矢印キー); vmlinuz 同じ行にある必要があります。この行の終わりに(行の先頭にある矢印キーを使用してカーソルを置き、次に End カーソルをその行の終わりに移動するためのキー)スペースを追加し、その後に数字を追加 3。他には何も変更しないでください。
この 3 を表す multi-user.target systemdターゲット これは、古い、現在は廃止されたランレベル2、3、および4(サービスのグループを開始および停止するために使用される)にマップされます。たとえば、古いランレベル 5 systemdにマップされます graphical.target これを使用すると、グラフィカル(GUI)ターゲットであることがわかります。 systemdターゲットの詳細については、 このページ例#1。これは、Ubuntu 18.04 LTSで「linux」で始まる行がどのように見えるかです(同じである必要はありません。アイデアを得るためだけです):

linux      /boot/vmlinuz-4.18.0-15-generic root=UUID=1438eb20-da3d-4880-bb3a-414e+++0a929 ro quiet splash $vt_handoff

そして、これは「linux」で始まる行が 3 最後に:

linux      /boot/vmlinuz-4.18.0-15-generic root=UUID=1438eb20-da3d-4880-bb3a-414e+++0a929 ro quiet splash $vt_handoff 3

例2。これは、 “linux”で始まる行がFedora 31を探す方法です(これは同じではありません。アイデアを得るためだけです)。

linux ($root)/vmlinuz-5.3.13-300.fc31.x86_64 root=/dev/mapper/fedora_localhost--live-root ro resume=/dev/mapper/fedora_localhost--live-swap rd.lvm.lv=fedora_localhost-live/root rd.lvm.lv=fedora_localhost-live/swap rhgb quiet

そして、これは追加した後の外観です 3 行末:

linux ($root)/vmlinuz-5.3.13-300.fc31.x86_64 root=/dev/mapper/fedora_localhost--live-root ro resume=/dev/mapper/fedora_localhost--live-swap rd.lvm.lv=fedora_localhost-live/root rd.lvm.lv=fedora_localhost-live/swap rhgb quiet 3

3.これを行った後、 Ctrl + x または F10 コンソール(テキスト)モードで起動します。
コンソールモードでシステムを再起動するには、 reboot コマンド(sudo reboot)。
DebianおよびUbuntuベースのLinuxディストリビューション(Linux Mint、Elementary OS、Pop!_OS、Zorin OSなどを含む)には、GNU GRUBメニューに組み込まれたリカバリモードが付属していることは注目に値します。そのため、Debian / Ubuntuまたはそれに基づくLinuxディストリビューションを使用している場合は、上記で説明したようにGNU GRUBメニューに移動して、 Advanced options、表示される新しいリストから、で終わる最初のエントリを選択します (recovery mode)。このエントリを選択して、 Enter キーを押すと、特にルートシェルプロンプトにドロップできるメニューが表示されます。選択すると、システムはグラフィカルユーザーインターフェイスではなくコマンドラインで起動し続け、ルートを使用してログインできるようになりますパスワード。これにより、読み取り専用モードでファイルシステムにアクセスできます。読み書き用 mount -o remount,rw /。たとえば、Ubuntu、Linux Mint、Elementary OSなどで失われたユーザー/管理者のパスワードをリセットするには、これを使用します。

ケースB.テキストモード(コンソールモード)で永続的に起動する

Linuxシステムが常にコンソール(テキスト/ tty)モードで起動するようにするのは、単一のコマンドを実行するのと同じくらい簡単です。

sudo systemctl set-default multi-user.target

このコマンドは、テキストモードをデフォルトのsystemdターゲットとして設定します(以前はsystemdの前に呼び出されていたランレベル)。このコマンドを実行した後、システムを再起動すると、毎回自動的にコンソール/テキストモードで起動します。
システムで使用されている現在のsystemdターゲットがわかりませんか?次のコマンドを使用すると、現在設定されているターゲットが表示されます。

systemctl get-default

追加のヒント:これを使用すると、Linuxコンピューターがtty1(テキストのみの仮想コンソール)で起動します。を使用して別の仮想コンソールに切り替えることができます Ctrl + Alt + F2 tty2の場合 Ctrl + Alt + F3 tty3の場合はtty7まで続きます。この変更を元に戻し、Linuxシステムをデフォルトのグラフィカルモードで起動する場合は、次のコマンドを使用します。

sudo systemctl set-default graphical.target

このコマンドを使用した後、再起動します(sudo reboot)そして、システムはデフォルトであったように、グラフィカルモードで起動する必要があります。

Sidebar